ルーレットはカジノゲームの花形と言っても過言ではありません。
その華やかさと優雅さから「カジノの女王(Queen of Casino)」とも呼ばれています。
ドラマや映画の世界でスタイリッシュにチップをやり取りする登場人物の姿に憧れを抱いたことがある人も多いのではないでしょうか。
ルーレットには、大きく分けて2種類があります。
「1」から「36」の数字に「0」と「00」を含む38個の数字で構成されているのが「アメリカン」、「1」から「36」の数字に「0」を含む37個の数字で構成されているのが「ヨーロピアン」です。
先に生まれたのはアメリカンで、現在でも多くのカジノで普及しています。
両者の違いは単純に「00」を含むか含まないか、ということです。
つまりヨーロピアンの方が数字の数が少ない分、当たる確率がわずかに高くなります。
具体的な遊び方もチェックしておきましょう。
とはいえ、ルーレットは単純に当たり番号を当てるゲームなので、難しいことはありません。
その手軽さも人気の理由の1つです。
まずレートを見ながら参加するテーブルを決めます。
レートとはそのテーブルごとに設定されている最低賭け金(テーブル・ミニマム)と最高賭け金(テーブル・マキシマム)のことです。
ルーレットでは、バカラやブラックジャックなど他のテーブルゲームと違い、それ専用のチップを使います。
まずは現金や家事のチップを専用チップと交換してもらう必要があります。
ディーラーにお願いしましょう。
もちろんゲームをやめるときも、チップ交換が必要になります。
テーブル上でディーラーに専用チップを寄せるか、「キャッシュアウト」と言えばカジノチップと交換してもらうことが可能です。
ルーレットでは、まずシートに賭けたいチップを自由に置いていきます。
自分が賭けようと思った場所に、誰かが既にチップを置いている場合は、その上に重ねて置きます。
一度置いたチップは動かせない、ということはありません。
ディーラーが回転盤の中でボールを弾いて回し、「ノーモアベッド(No more Bet)」と言うまでは動かして大丈夫です。
自由にチップを増やしたり減らしたり、賭ける場所を動かすことができます。
賭ける場所に制限はないので、何か所賭けても構いません。
とはいえ、「ノーモアベット」で締め切られる前にチップを置き終えなければならないため、複数個所に賭けたい場合は、予めシートの作りを把握しておかないと時間切れになってしまいます。
いざチップを置く段階になって慌てないためにも、予習しておくとスマートに遊ぶことができます。
当たり番号が決まると、ディーラーがピックと呼ばれるアイテムを、シートの当たり番号の上に置きます。
チップの移動はまず外れチップの回収から始まり、その後に配当が配られます。
ディーラーがピックを引き上げたら1ゲーム終了、それ以降は繰り返しになります。
何ゲームこなさなければならない、というノルマはないので、好きなタイミングで抜けましょう。
ルーレットの賭け方には「アウトサイドベッド」と「インサイドベッド」という2種類があります。
アウトサイドベッドは、数字のグループに対して賭ける方法です。
当選確率は高いですが、その分配当倍率は低くなってしまいます。
「カラー(レッド・ブラック)」は赤か黒かの二択、「オッド・イーブン」は奇数(Odd)か偶数(Even)の二択、「ハイ・ロー」は1~18をロー(Low)、19~36をハイ(high)として考える二択です。
「ダズン」は1st12(1~12)、2nd12(13~24)、3rd12(25~36)の三択に賭けるやり方、「コラム(カラム)」はシート状にある「2 to 1」の枠にチップを置き、その縦1列の数字に賭ける三択となります。
原則として、アウトサイドベッドでは「0」や「00」が出ると負けになってしまうので、しっかり覚えておくことが重要です。
インサイドベットは、数字、あるいは数字をまたぐ線上にチップを置いて賭ける方法です。
アウトサイドベッドに比べると当選確率は下がりますが、配当倍率は高くなります。
インサイドベッドには6つの賭け方があります。
まず1つの数字にのみチップを置く「ストレートアップ」。
最も当てるのが難しい方法ですが、最高配当の36倍を獲得することができます。
隣り合った2つの数字に賭けるやり方を「スプリット」と言います。
チップはベットする2つの数字の間の線の上に起きます。
レイアウト上隣り合っていないと、この賭け方はできません。
レイアウト上1行になっている3つの数字に賭けるやり方を「ストリート」言います。
チップは一番小さい数字の外側の線の上に起きます。
4つの数字の中心、交差している場所にチップを置く賭け方は「コーナー」あるいは「スクエア」です。
その4つの数字に賭けることを意味します。
レイアウト上2行になっている6つの数字に賭けるやり方を「シックスウェイ」と言います。
「ダブルストリート」「ライン」という呼び方をすることもあり、チップはダズン賭けと数字賭けの間、隣り合った2行の間に置きます。

よければぜひ、ご参照下さい。→ルーレット攻略ガイド 初めてでもわかるルール・攻略法解説